Tolunaのグローバル消費者動向レポート(第22回)

2023年の上半期、消費者は世界的なインフレの影響を感じ続けています。生活費の高騰にどう対処しているのでしょうか。また、個人収支の状況について、どのように考えているのでしょうか。

Tolunaのグローバル消費者動向レポート(第22回)

今回のグローバル消費者動向レポート(第22回) では、

世界19市場の16,000人の消費者から、次のトピックに関するインサイトを紹介 :

現在と今後の個人収支について、どのように考えているか

現在と今後の個人収支について、
どのように考えているか

現在、消費に前向きな消費者は、僅か27%でした。
一方、2024年年末までに経済状況が改善すると予測
している消費者は43%に達する。

健康と幸福の状況

健康と幸福の状況

生活費の高騰で、38%の消費者がストレスを感じて
いる(2023年1月比で5ポイント増)。

経済的な負担に対応する消費者行動の変化

経済的な負担に対応する消費者行動の変化

消費者の5人に4人は、経済情勢が安定するまで消費額の大きな支出を先延ばしている。

現在の経済状況におけるブランド価値の役割

現在の経済状況におけるブランド
価値の役割

62%の消費者が、環境的、社会的要因を考慮して利用するブランドを選択したいと考えているが、そのような余裕がなくなっている。

レポートをダウンロード

グローバル消費者動向の最新版ダウンロードするには、次のフォームにご記入ください。

Tolunaは、多くのグローバルブランドに消費者インサイトを提供しています
  • Danone
  • L'Oreal
  • Kellogg's
  • Sony

Tolunaについて

Tolunaは、最高のテクノロジー、調査に関する知見、グローバルパネル、そして、カスタマイズ型の調査を可能にするプラットフォームを通じて、消費者のインサイトを多くの組織・企業・ブランドに提供しています。

高度なテクノロジー、グローバルパネル、経験豊富のリサーチャーを統合することで、企業と消費者のより良い関係構築をサポートしています。

Tolunaについて

当サイトは、優れたユーザー体験を提供するためにCookie(クッキー)を使用しています。 弊社のウェブサイトをご利用いただく際にクッキーポリシーの使用に同意したことになります。

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.